新元号「令和」が発表されました!

元号も新しくなるし、これを機に婚活しませんか?

 

令和

テレビやネットでは、元旦の様な賑わいです。

春、新年度(入社、入学)、新元号発表と重なり、新たな事が始まる期待感で、ちょっと気持ちもウキウキしますよね。

昔と比べ、晩婚化が進み、また生涯独身者も増えています。
要因の一つに、「踏ん切り」がつけられなくなったことがあると思います。
「踏ん切り」とは、思い切って決断するという意味です。

決断を先延ばしにして、ズルズルとなんとなく結婚する機会を逸してしまっていませんか?

30年ほど昔は、結婚する決断をしないで有耶無耶(うやむや)に過ごそうとしても、家族はもちろん、親族、友人、職場の人たち総出で、頼んでもいないのに「結婚しないの?」と後押ししてくれました。
結婚する気の無い人や結婚しない事情のある人にとっては、うっとしい話です。
今では〇〇ハラなどとも言われ、世間では独身の人に対して結婚の話題をするのはタブーとなっています。

だから、今では自分で自分の背中を押さないと結婚への「踏ん切り」がつかないんです。
成婚へは、自分の背中を押してるだけじゃだめです。相手の背中も押さなきゃいけないんです。

私たちの様な仲人型の結婚相談所で結婚しやすいのは、期限を決め、会員さんとお相手の両方の背中を仲人(婚活カウンセラー)が親身に押すからです。
でも、私たちの結婚相談所では、会員さんの幸せな結婚生活に合わないお相手だと判断したら、背中を引っ張ることも致します。

真剣に婚活を始めるのにも、「踏ん切り」が必要です。
踏ん切りをつけるのに、ちょっとした「きっかけ」や自分への言い訳があると踏ん切りがつけやすいです。
たとえば、「年号が新しくなったし、婚活でもするか!」で、自分の背中を押す「きっかけ」には充分です。
実際の婚活でもそうです。

元号も新しくなるし、これを機に婚活しませんか? (^^)/

先ずは、
婚活ってどうするの?
費用は?
どんな人が会員にいるの?
婚活カウンセラーはどんな人? などなど
聞きに来ませんか? 無理な入会勧誘は致しませんので、お気軽にお越し下さい。

完全予約制の個室ですので、プライベートな事でも、聞きたいことバンバン聞いちゃって下さい。
ご予約はこちらからお願いします。希望の日時も3つほど候補を上げて頂くと助かります。
平日のお仕事帰りの時間でも大丈夫です。

お待ちしています。

 

おすすめの川崎、横浜、武蔵小杉の結婚相談所のHPです。