結婚相談所で、色々な方の婚活サポートをさせて頂いていると

婚活がうまくいかない人に共通する点があります。

 

1つ目は、「客観的に自分を見れない」です。

今回は、2つ目について書きます。

 

婚活がうまくいっている人は、婚活がうまくいかない人に共通することを しない人 です。

そうです、婚活がうまくいかない人に共通することをしなければ、婚活はうまくいきます。

 

婚活がうまくいかない人に共通する事の2つ目とは、

 

2.  アドバイスを受け入れられない。

婚活がうまくいかない時、婚活カウンセラーは、うまくいかない現状を変えるためのアドバイスをします。

婚活がうまくいかない人は、アドバイスを受け入れません。

アドバイスを受け入れられない、色々な思いがあるのでしょう。

ただ、そのままでは現状を変えられないので、うまくいかない状態が続きます。

そして、うまくいかない状況を環境や周りの人のせいにすることが多いです。

自分自身を変えることが、苦手なんです。

 

たしかに情報過多の時代なので、色々な情報に惑わされて迷走しない様に気を付けなければいけません。

婚活がうまくいかない人は、婚活がうまくいっていない状況で、自分の気に入ったネットや友人からの情報のみを、心にインプットしてしまいがちです。

自然と耳の痛い情報は、無かったことにしてしまいます。

 

婚活カウンセラーは、一般論ではなく、会員さんと会員さんの婚活状況から判断してアドバイスします。

会員さんに幸せな結婚生活を送ってもらうために、真剣にアドバイスしています。

 

婚活がうまくいく人は、本当に素直にアドバイスを受け入れてます。

「今うまく行って無いんだし、一度試してみるか。」との気持ちなんだと思います。

2人3脚で婚活をしているので、アドバイスを受け入れてくれると

「信頼してくれているんだ」と信頼関係が築けていることが実感でき、本当に嬉しく思います。

 

婚活に真剣に取り組んでいる方ほど、素直にアドバイスを受け入れてくれることが多いです。

うまくいかない人ほど、「そんなに婚活に夢中じゃありませんから」というポーズをとる傾向があります。

また、カウンセラー(仲人)からのアドバイスを実践しない理由が、

「〇〇が言っていたから」や「〇〇に書いてあったから」などで、自身の明確な理由をあげられない事が多いです。

 

他の結婚相談所の婚活カウンセラーの方からも、「素直な人ほど婚活がうまくいく」という話はよく聞きます。

アドバイスを受け入れるということは、今の自分を変えるということです。

アドバイスの多くは、今の 価値観 を変えることです。

狭くなっている視野を広げられるか、広げられないか。

アドバイスは、自分を変える “きっかけ” です。

もちろん、変える前と変えた後、どちらが良いかの最終的な判断は会員さんが行います。

先ずは、変えられるか変えられないか、すなわち、試せるか試せないかです。

 

婚活では、2人3脚で婚活を進めて行く、婚活カウンセラー(仲人)との相性がとても重要です。

気軽に何でも相談できる。  アドバイスを素直に受け入れられる。

信頼関係がとても大切です。

 

だから、婚活を始める前(結婚相談所に入会する前)には必ず、

実際に婚活を一緒にする婚活カウンセラー(仲人)と面談して、相性や信頼できるか確かめて下さい。

婚活の重要な第一歩です!

 

 

横浜・川崎・武蔵小杉エリアの結婚相談所シーネットのHPです。